アカテンコバンハゼ

鮮やかなグリーンに赤い斑点模様がとてもキュート

アカテンコバンハゼ

分布 太平洋
科目・種類 スズキ目ハゼ科コバンハゼ属
色、形、大きさ グリーンの体色に赤い斑点。側扁型。成魚の全長3cm程度

枝状サンゴの枝間やテーブル状ミドリイシの間などに生息しています。綺麗なグリーンの体色に頭部や体に赤いドット(斑点)があり、その姿はとても魅力的。

夏になるとペアで暮らすようになり、サンゴを占有します。コバンハゼの仲間は狭い環境に生息しているので、配偶者に出会う機会も少なくなります。そのため、コバンハゼは「雄→雌」、「雌→雄」どちらにもなれる「双方向性転換」という便利な性転換システムを獲得しています。 (ベラは雌→雄、クマノミは雄→雌の一方のみ)

体は厚い毒性の粘液に覆われていて、時にはこの粘液で他の魚を殺すことがあります。
とても臆病な性格なので写真撮影は至難の業ですが、白いサンゴの間で鮮やかなグリーンと赤い斑点の綺麗な姿に出会えたらラッキーです。