縮緬(ちりめん)のような模様を持つ魚

分布奄美大島以南~西大西洋
科目・種類スズキ目キンチャクダイ科キンチャクダイ属
色、形、大きさ体色は前半がクリーム色、後半は濃いグレー。側扁形、体長15mほど

水深20mより浅いサンゴ礁域や岩礁域に生息するチリメンヤッコ。成魚の体色は前半がクリーム色、後半は濃いグレー、頭部には目を通る黒い帯があるのが特徴です。また、尾鰭はとてもきれいな黄色をしています。体長は成魚で15cmほど。

ヤッコの仲間では小型になります。名前は体表が縮れるように織られた布の縮緬(ちりめん)に似ていることに由来します。英名はVermiculated angelfish。Vermiculatedとは虫が這いまわったような模様という意味です。

サンゴ礁や岩礁域にペア、または小さな群れで見ることができます。動きはとてもせわしく、テーブルサンゴなどから出たり入ったりし、海綿や付着藻類を少し尖った口先でついばむように食べます。フィリピン諸島、セブ島などでもよく見られる魚で観賞魚としても人気です。