イッテンチョウチョウウオ

名前の通り体に1つの黒い点を持つチョウチョウウオ

イッテンチョウチョウウオ

分布 東部インド洋〜中西部太平洋の熱帯域
科目・種類 スズキ目チョウチョウウオ科
色、形、大きさ 体型は側扁。全長約13cmほど

イッテンチョウチョウウオには名前の通り、体の左右に黒い1つの斑点があります。点の濃さには個体差があり、しっかりと黒色をしているものや、薄墨色の斑点のものまで様々です。その他、見た目の特徴として、頭部に目を通る一本の黒色の帯があります。体色は黄色ですが、腹部にかけて色は薄くなり、白くなります。

東部インド洋〜中西部太平洋の熱帯域に分布するので、セブはもちろん日本の南太平洋岸、琉球列島、小笠原諸島で見ることができます。岩礁、サンゴ礁域に生息し、主にサンゴのポリプを餌としますが、他にも甲殻類、貝類、藻類なども捕食します。

黄色と黒のコントラストも鮮やかで華やかな雰囲気の見た目なので、観賞魚としても人気。雑食にも適応するので、よく餌を食べてくれて丈夫なので飼育しやすい魚です。