セジロクマノミ

背中に走る白いラインが目印のクマノミ

セジロクマノミ

分布 沖縄島以南、〜西部太平洋
科目・種類 スズメダイ科クマノミ属
色、形、大きさ オレンジ色の体色、背に白い帯。左右に平たく側扁した体型。成魚の全長8cm程度。

名前の通り背中に入る白い線が特徴的で、その線は尾鰭のつけ根から上唇まで達しています。成魚だけでなく、体長1cmほどの稚魚にもきちんと背中に白い線があります。スカンクアネモネフィッシュと似ていますが、背中の白い線が口まで達しているかどうかで見分けることができます。

サンゴ礁や岩礁域でハタゴ系のイソギンチャクを好んで共生しています。ハタゴイソギンチャクは他のイソギンチャクと比べて触手が短いのが特徴です。他のクマノミと違ってセジロクマノミはイソギンチャクからあまり離れることがありません。ハタゴイソギンチャクは触手が短いので、見つけやすいのですが、体の一部が常にイソギンチャクで隠れているので、全身を観察することが難しい魚です。

雑食性ですが、藻類を餌とする傾向があるようです。