ハタタテハゼ

グラデーションの体色が魅力的

ハタタテハゼ

分布 琉球列島以南、インド洋・西太平洋、ハワイ諸島、東アフリカに分布
科目・種類 スズキ目クロユリハゼ科ハタタテハゼ属
色、形、大きさ 黄色、乳白、赤褐色のグラデーション。やや側扁、全長約9cm。

水深10m~30mのサンゴ礁域に生息していることが多く、サンゴと砂の混じった砂礫底で見ることができます。

第1背鰭棘を旗のように立てていることが「ハタタテハゼ」という名前の由来になっています。体色は頭部が淡い黄色→乳白色→尾鰭にかけて赤褐色ときれいなグラデーションとなっています。英名では「fire goby」。炎のハゼというとおり、尾鰭にかけての赤褐色が炎のように鮮やかな姿をしています。

他の小型ハゼと同様にテッポウエビと共生します。テッポウエビが作った穴にハタタテハゼが住み、そのかわりテッポウエビを敵から守るという仲睦まじさです。
セブ島ではハタタテハゼはとてもレア。もしもダイビング中に出会うことができたら、とてもラッキーです。