カンムリベラ

頭に水玉模様、背にオレンジの班がある派手な見た目の人気者

カンムリベラ

分布 相模湾以南、インド太平洋域
科目・種類 スズキ目ベラ科
色、形、大きさ 幼魚は最大8cmまで。成魚は1m超

カンムリベラは大型のベラですが、幼魚は全長8cmまでの大きさです。体色は白色またはグレーで、頭部には小さな黒い斑点が水玉模様のようにあります。体側の背から背びれには、オレンジ色と黒色の大きめの班が二つあり、見た目も派手で綺麗な色彩なので、鑑賞魚として人気があります。

幼魚のうちはこのような綺麗な見た目ですが、成長するうちに頭部や背の斑は消えて、頭部は白っぽく、後ろは黒っぽくなります。さらに成長し完全な成魚になると体全体が緑色や青緑色になります。また、雄が老成すると額がコブのように突き出し、フォルムも変形していきます。

カンムリベラに限らず、ベラの仲間は幼魚と成魚で姿が異なることで知られますが、なぜかというと、縄張り争いに巻き込まれないよう別の魚のふりをしているのではないかという説があります。