ハマクマノミ

頭部の1本の白い横帯が目印。クマノミの中で最も気が強い

ハマクマノミ

分布 奄美大島以南、~西部太平洋
科目・種類 スズメダイ科クマノミ属
色、形、大きさ 暗いオレンジ色の体色、頭部に白い帯。左右に平たく側扁した体型。成魚の全長12cm程度。

サンゴ礁域の浅海でイソギンチャクと共生していますが、中でも触手が楕円形をしている見た目にも愛らしいタマイタダキイソギンチャクを好みます。

クマノミの見分け方として「1ハマ、2クマ、3カクレ」と言われるように、ハマクマノミは頭部に1本の白色横帯があります。しかし1本なのは成魚で、幼魚には頭部と合わせて3本の横帯があります。これが成長にともなって後ろから1本ずつ消え、最後に頭部の1本が残るというわけです。体色はオレンジ色ですが、他のクマノミと比べると暗いオレンジ色をしています。

性格的にはクマノミの中では一番気が強いと言われています。ハマクマノミ仲間と共生している場合、他の小さな魚はかなわないばかりでなく、時には共生するイソギンチャクさえも食べてしまうこともあります。