ニシキテグリ

美しい体色のためアクアリウムでも人気の熱帯魚

ニシキテグリ

分布 琉球諸島からオーストラリアにかけての太平洋
科目・種類 スズキ目コウワンテグリ属
色、形、大きさ 青色や金緑色が混ざった体色。全長5~7.5cm

珊瑚礁に生息する色鮮やかなニシキテグリ。漢字では「錦手操」と表記します。「錦」は鮮やかな体色を表し、「手操」は底引き網によくかかることを意味しています。英名は「Mandarinfish」。清朝時代のマンダリン(官僚)の衣裳に似ていることに由来します。青色や金緑色の縞模様や斑点が体にあり、独特の美しさを醸し出しています。細胞にある色素によって青い体色を持つのは、ニシキテグリと同属のスポッテッドマンダリンフィッシュのみ。この華やかな体色のため、観賞魚として好まれますが、餌付けが大変なため、飼育は難しいようです

泳ぎはそれほど早くありませんが、体が小さく、海底付近で餌を採食するため、見つけにくい魚です。夕暮れ時に産卵をするのが特徴で、アジア随一の珊瑚が広がるセブ島のモアルボアルでは、ニシキテグリの産卵も見ることができます。