ツバメウオ

人懐っこい性格で、大きく伸びる背びれと臀びれが特徴

ツバメウオ

分布 太平洋西部からインド洋の温暖な海域
科目・種類 マンジュウダイ科 ツバメウオ属
色、形、大きさ 幼魚には暗色横帯があるが成魚では薄れる。体形は丸い楕円形で背びれと臀びれが大きい。全長30cm~100cm

体は楕円形ですが、背びれと臀びれが大きく伸びていて、独特の形をしています。幼魚は背びれと腹びれ、臀びれが大きく伸び、幅広い暗色横帯があります。成魚では横帯が薄れ、腹びれ付近に黒い斑点があります。成魚は大きくなると全長1mに達することもあります。

幼魚は見た目の可愛らしさから観賞魚としても人気ですが、捕獲が難しいため、とても貴重な存在。

熱帯魚のような見た目ですが、脂がのって旨みのある魚で、日本ではあまり馴染みがありませんが、他の地域では食用にされています。

沿岸域の中層域で群れをなして生息していることが多い魚で、人懐っこい性格。餌付けすることもできるので、ダイビングが盛んな地域では、餌付けされたツバメウオを観察することも可能です。