コガネスズメダイ

黄褐色の成魚と比べると、色鮮やかな黄色の幼魚は圧倒的な可愛らしさ

コガネスズメダイ

分布 西太平洋、西インド洋など広く分布
科目・種類 スズメダイ科スズメダイ属
色、形、大きさ 黄褐色、黄金色で体形は卵円形。体長17cmくらい。

水深10m~30m位のやや深いサンゴ礁域や岩礁域に生息するスズメダイの仲間です。スズメダイは群れを作りますが、コガネスズメダイは群れを作らず、海底近くに単独でいることが多いです。動物プランクトンやアミエビなどの甲殻類を餌とします。

体色は成魚は黄褐色・黄金色で背側は少し黒ずんでいます。幼魚は色鮮やかな黄色で「コガネスズメダイ」の名前はこの体色に由来しています。成魚の各ひれも体色と同じく黄褐色・黄金色ですが、背びれの棘条部の縁は鮮やかな橙色で、尾びれだけは白色です。体は卵円形で側扁しています。色鮮やかな黄色の幼魚は、観賞魚として人気があります。

コガネスズメダイとヒマワリスズメダイはよく似ていますが、よくわかる見分け方は尾びれの色です。コガネスズメダイの尾びれが白色なのに対し、ヒマワリスズメダイの尾びれは体色と同じく黄色です。また、コガネスズメダイの方が体が少し大きく、より深いところでも生息しています。