オドリハゼ

セブ島周辺の島々のドロップオフで見られるすばしっこいハゼの仲間

オドリハゼ

分布 インド洋〜西太平洋の熱帯性水域に生息。
科目・種類 スズキ目ハゼ亜目
色、形、大きさ 全長約1〜5cm。体色は黒色、頭は白色。胸びれ、尾びれは透明で黒色斑がある。

マクタン島に多いドロップオフ(深海へとつながる急激な海中での断崖)付近でよく見られるオドリハゼ。近隣のヒルトゥガン島でも多く見ることができます。潮の流れが強く、上級ダイバーが楽しめる場所に多く生息するため、オドリハゼが見られたらダイビングの腕も上がったと言えるかも!?
ヒレをひらひらと動かしながら泳ぐさまは、まさに踊っているかのよう。しかしオドリハゼのような小さな魚は「マクロ」と呼ばれ、マクロ撮影(小さな生物を大きく撮るためのカメラレンズを指す)しないとうまく撮れないぐらい体長も小さく、警戒心も強いのです。ですから他の魚に隠れて見えにくく、近づいて見るのは至難の技……。観察したい時は、慎重に近づきましょう!

日本でも紀伊半島、奄美大島、沖縄などのエリアに生息しています。また、ダンスゴビーシュリンプというテッポウエビの一種と共生することが知られており、熱帯魚販売でもセットでお迎えすることが一般的と言われています。