オオモンイザリウオ

カイメンに擬態して生息する、大型のイザリウオ

オオモンイザリウオ

分布 インド・太平洋域、東部太平洋の熱帯域、南日本の海域
科目・種類 アンコウ目カエルアンコウ科
色、形、大きさ 成魚は全長約30cmほど。丸くて太い体

太平洋などの岩礁域やサンゴ礁域に生息します。
オオモンイザリウオは丸くて太い体で、背鰭第2棘を覆う皮膚が大きく肥大していることが特徴です。移動時には胸鰭と腹鰭を足のように動かして海底を這うようにして歩きます。

イザリウオ科の魚はカイメンなどに擬態しながら生息し、擬似餌を振って、魚を捕獲することで有名ですが、オオモンイザリウオも頭の上の突起を振り、小魚をおびき寄せ、捕食します。歩くのは遅いオオモンイザリウオですが、餌を食べる瞬間だけは非常に俊敏です。

イザリウオの仲間でも大型で、見つけやすいかと思いきや、あまりの大きさにかえって見逃してしまうこともあるようです。セブ島から日帰りで訪れることができるボホール島などで見ることができます。