イナズマヤッコ

黄色とブルーが印象的な美しい色彩で観賞魚としても人気

イナズマヤッコ

分布 インドネシア、フィリピン〜グレートバリアリーフなどのインド・西部太平洋
科目・種類 スズキ目キンチャクダイ科
色、形、大きさ 体型は側扁。成魚は全長約20cmほど

イナズマヤッコは体がオレンジがかった黄色のベースにブルーの小さな斑点がドットのように見られます。頭部の目の辺りは青色をしていて、青色は腹部を通り体側後方まで続いています。背鰭と尾鰭は黄色、臀鰭は濃い青色で小さな青い斑点があります。背鰭、尾鰭、臀鰭などは青白く縁取られています。色の特徴を紹介するだけでもこれだけ複雑で、とても美しい色彩を持つ派手な魚です。イナズマヤッコは漢字では「稲妻奴」と書き、別名マジェスティックエンゼルと呼ばれます。

雑食性で水深40m以浅のサンゴ礁域、岩礁域に生息しますが、日本には分布せず見ることができません。分布域である西部太平洋海域でも個体数は多くないレアな魚ですが、セブではサンゴ礁のポイントで見ることができます。