イロブダイ(幼魚)

純白にオレンジのラインが愛くるしい

イロブダイ(幼魚)

分布 琉球列島以南、紅海から中部太平洋
科目・種類 スズキ目ブダイ科イロブダイ属
色、形、大きさ 成魚は80cmほど。側扁

カラフルな体色で見た目もきれいな海水魚はたくさんいますが、その中には幼魚と成魚では全く異なる体色に変わる魚もいます。その代表的な魚がイロブダイです。

幼魚は目から胸鰭の部分までは鮮やかなオレンジ色、その両隣りの目から口、胸鰭以降の体は真っ白で、とても可愛らしい姿をしています。その容姿の良さから、カクレクマノミと同じくらいの愛され者で、ダイバーの間ではもちろん、観賞魚としても人気です。

その他、幼魚の特徴として背鰭には黒い大きな斑点がありますが、その斑点は成長すると消えてしまいます。また、成魚になると雌と雄とで、姿が異なるのもイロブダイの面白いところです。雌は成長すると体全体が赤みを帯びた色に変色し、雄は体全体が青緑色になり、頭部から体の真ん中あたりまで黄色の小さな斑点があります。