アカネハナゴイ

サンゴ礁に住む茜色をした鮮やかな魚

アカネハナゴイ

分布 琉球列島、中・西部太平洋、東インド洋
科目・種類 スズキ目ハタ科
色、形、大きさ 側扁型、体長10cmぐらい

アカネハナゴイは暖かな海域に生息するハタ科の海水魚です。体色が茜色をしていることからこの名前がつきました。体は側扁した楕円形で、雄は腹鰭部が長く伸び、鼻がピンと付き出ています。体色は全体的に黄色からオレンジ色、長い背鰭が赤色をしていてとても華やかな風貌です。体色には個体差があり、ピンク色や赤色に近いものもいます。食用にはなりませんが、色がきれいなので、観賞魚として人気です。

水深20m以浅の浅いサンゴ礁域で群れを作り生息しているので、群れに出会うことができたらその美しさに見とれてしまうことでしょう。この群れは1匹の雄に雌が群がっている状態。つまりハーレムということです。アカネハナゴイは雌雄同体、雌性先熟なので産まれた時は全て雌です。その中で一番大きなものが雄になります。