ヒレナガスズメダイ

幼魚と成魚で見た目が全く違う魚

ヒレナガスズメダイ

分布 琉球列島、インド・西太平洋域
科目・種類 スズキ目スズメダイ科
色、形、大きさ 成魚は全体的に黒色の体色。左右に平たく側扁した体型。成魚の全長10cm程度。

浅いサンゴ群や周辺の岩礁域に生息しています。ヒレナガスズメダイは幼魚と成魚では、見た目が大変異なる魚です。幼魚の頃は黄色い体色に黒いストライプの縦縞が2本入って、とても色鮮やかな姿です。その外見からダイバーに被写体として非常に人気があります。

しかし、この外見は成魚になるにつれ変化し、成魚になる頃には体色は全体的に黒くなります。幼魚はその美しさから観賞用としても人気ですが、成魚は気が強いので注意が必要です。

褐色のセダカスズメダイと似ていますが、各鱗の先端がとがって長く伸びること、成魚の頬に2本の黒い横縞があることで区別することができます。体長4cmほどでも体色が変化し黒いこともありますが、まだ成魚とは言えません。成魚は体長10cmを超え、繁殖行動をします。