トウアカクマノミ

クマノミ界のレアキャラ。体は大きく、顔つきもいかつい

トウアカクマノミ

分布 太平洋熱帯域
科目・種類 スズメダイ科クマノミ亜科
色、形、大きさ 黄褐色で背に白い斑紋。左右に平たく側扁した体型。成魚の全長13cm程度。

成魚は全長13cmほどで他のクマノミ類と比べると大型です。クマノミ類は白い横縞を持つのが特徴ですが、トウアカクマノミはそれに併せて、背に鞍のような白い斑紋があります。これを真上から見るとハートマークに見えることも。

性格は他のクマノミと比べてもとても攻撃的で顔つきも怒ったような表情に見え、仁王像のようです。

クマノミ類の中で一番個体数が少なく、沖縄などではなかなか見られないレアクマノミとされるトウアカクマノミですが、セブ島の隣のネグロス島南東に位置するドゥマゲッティエリア、特に沿岸のダーウィンやサンボアンギータ、サンタモニカではたくさん遭遇することができます。トウアカクマノミに遭遇する時、かなりの確率で卵を守っていて強面の顔つきとは裏腹に献身的な光景を見ることができます。