アミチョウチョウウオ

見た目はレモンチョウチョウウオに似ていて、名前はアミメチョウチョウウオと間違えやすい

アミチョウチョウウオ

分布 太平洋~インド洋・紅海に生息。日本でも南日本の太平洋岸、琉球列島で見られる。
科目・種類 チョウチョウウオ科チョウチョウウオ属
色、形、大きさ 全長約15cm。全体的に黄色く、網のような柄で構成。

鮮やかな黄色のベースに網目状の模様がトレードマークのアミチョウチョウウオ。見た目は同じ黄色の体をもつレモンチョウチョウウオに似ていますが、違いは成長とともに徐々に濃くなっていく網目模様と、背びれ後方が少し伸びているところです。特に幼魚の時は背びれ後方に黒点もあります。目の上には鮮やかな黒線が縦に入っているのも分かりやすいポイントと言えるでしょう。
そして似た名前としてアミメチョウチョウウオがよく挙げられます。こちらも網目模様を持つものの、体の色は白ベースに背びれのあたりはオレンジと、色が全く違うので見分けはすぐにつきます。ややこしいのは名前だけ!?
生息分布は広いものの、泳ぎが素早いせいか、ダイビング等でも遭遇しません。日本の南の海でも、セブ島でも見かけたらラッキーな部類。一方熱帯魚としても人気で、主に藻やサンゴのポリプを食べますが、人工餌も食べます。縄張り意識はやや強めなので、単独での飼育が向いています。