タンビス

セブでは「タンビス」「マコパ」など、さまざまな呼び名で呼ばれるフトモモ科の果実

タンビス

原産地 マレー半島
科目・種類 フトモモ科フトモモ属
色、形、大きさ 長さ5cm程度のやや円錐形。果肉は乳白色。

タンビスは英語で「wax apple」と言われるほど赤みがあり、つるっとした蝋のような質感に見える果皮を持ちます。常緑小高木で、白い花をつけた後結実しますが、食感はどちらかといえば梨に近い印象で、味は優しい酸味がかすかに感じられる程度。主にシャキシャキ感を楽しむフルーツと言えるでしょう。

和名は「蓮霧(レンブ)」といいますが、亜熱帯地方で多く栽培されているので、日本で見かけることはほとんどありません。セブではおなじみの「シニガンスープ」のベースやピクルス、ジャムなどの原材料に使われることもありますが、庭先に生えている木としてポピュラーなため、それほど珍重されることもなく、子どもたちのおやつや大人たちの酒のつまみ(醤油や塩をふってつまむ程度)といった存在です。スーパーでも売られていますが、他のフルーツより安め。セブを旅したら、珍しいフルーツのひとつとして気軽にトライしてみるといいかもしれません。